トップ / 職場と資格の関係性について

職場と資格の関係性について

資格の意味を考える

資格を取るということの意味

資格と言うのは実に幅広いものがあり、色々と見てみると楽しいものです。中には、取ることが生きがいになっている取得マニアの人もいる世界で、なかなか面白いものがあります。そんな資格ですが、時には「取得しても意味ない」と感じてしまうこともあるかもしれませんが、考え方次第で「やはり取得して良かった」と思える場合もあります。例えば、いくつか取得しても仕事が決まらなかったり、決まっては仕事にあまり役立たなかった時は、取るために使った時間やお金がもったいないと感じるかもしれませんが、そうやって努力したことは自分の大きな実績であり、成長の証なのです。面接官がそういった努力面を重視するかもしれませんし、日常の出会いの場で、過去に行ってきた努力の姿を魅力的なポイントとして高く評価する人がいることも考えられます。

検定試験

資格が意味ない職場もあります

現在の日本には、たくさんの検定試験が存在します。たまに面接などで、履歴書に数多くの資格を記入している人がいますが、好印象を与えるどころか、かえって面接官に意味ないと判断されることも珍しくありません。業界によっては実務経験を重視する企業も多く、即戦力を求めています。資格をアピールしたいときは、取得するまでの動機やプロセス、業務との関連性を説明できるようにしておくことがお勧めです。もちろんスキルアップをするのは良いことですが、やみくもに手を出し過ぎると宝のもちぐされにもなりかねないので、目的を忘れないようにしましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 就職活動に有利な資格. All rights reserved.