トップ / アクチュアリーという資格

アクチュアリーという資格

理系の人の為の資格

仕事に役立つアクチュアリー資格

アクチュアリーとは、数理業務のプロフェッショナルのことです。活躍の場は生命保険や損害保険をはじめとして、年金事業、共済事業、企業の資産運用などに広がっています。アクチュアリーになるためには、資格試験に合格して正会員になる必要があります。資格試験合格の条件は、試験の全科目合格とプロフェッショナリズム研修の受講と、かなり厳しいものになっています。試験の科目は、基礎科目の第1次試験5科目に加え専門科目の第2次試験2科目の計7科目があります。これらに全て合格するためには、最短でも2年はかかります。これだけの難関ではありますが、多くの正会員は仕事をしながら試験に取り組み、合格しています。

検定試験

数理業務の専門家アクチュアリー

保険や年金、金融の世界では加入率やリスクの起こる確率などの数値を統計的に把握する数理業務が欠かせません。これらの業務を専門的に行う人の事をアクチュアリーと呼び、資格制度も整っています。資格試験では数学や統計などの基本5教科へ合格した後で損保や生保、年金などの専門科目の試験があり、2科目合格で正式な合格となります。合格した後活躍する場所としては生命保険や損保会社や年金関連業務、さらに数値を使用して状況を判断するリスクマネジメント業務などがあります。専門職の為ニーズが高く、取得しておくと仕事に大いに役立つでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 就職活動に有利な資格. All rights reserved.